c88_thumbnail_940_512_4

[C88] 寝相の心理学

2015年8月6日刊行物

寝相に表れるその人の性格についての話を紹介します。
2015年08月@C88にて頒布。

概要

“ 寝相には、その人の性格や、普段の生き方までが反映されている ”

アメリカの臨床心理学者であるサミュエル・ダンケ(Samuel Dunkellは、
「人が寝るときの格(寝相には、その人のパーソナリテ(性格特性・人格が反映されている」
という興味深い学説を提唱しました。

例えば、うつ伏せで眠る人は支配欲や不安傾向が高く、仰向けで眠る人は安定した性格で開放性が高い、などなど。
人間の寝相には4つの基本姿勢があり、それぞれに特徴的な性格特性があるとされます。

本冊子ではこの説について紹介し、その科学的妥当性についての最近の研究を合わせて解説します。

内容(目次)

– 睡眠と心理の関係/防衛機制
– 代表的な4つの睡眠姿勢
( Full-fetal / Prone / Royal / Semi-fetal )
– 睡眠姿勢のバリエーション
– 学説の科学的妥当性

Information

タイトル: 寝相の心理学
 仕様 : A5判 / 12P(本文8P)
 発行 : 2015年8月14日
 頒価 : 200円
頒布場所: コミックマーケット88
      1日目 東パ32a(サークル名:心理区)
      コミケwebカタログ
 備考 : —

Staff

文章・イラスト:つゆ@T_Y_K

Sample